来店不要オススメのカードローンはこちら!

アルバイトをしている人のカードローン申込みの注意点

アルバイトやフリーターの方は正社員の人に比べて審査では不利な面があります。カードローンの審査でもっとも重視されるのは収入の安定性です。短期的なアルバイトで1ヶ月に30万円稼ぐよりも、収入は少なくてもある程度同じ職場で長く働いていることの方が評価されます。アルバイトの人がキャッシングに申込むなら、少なくとも3ヶ月以上の勤務実績をつくってからのほうがいいでしょう。新規申込みでは、融資限度額は低く設定されることがほとんどです。アルバイトという属性であれば、融資限度額の相場は10万円から30万円といったところです。最初は10万円以下の融資額になる可能性もありますが、利用実績を積むことで増額にも応じてもらえます。規定の返済日に滞りなく返済することを守っていると、増額の案内がくることもあります。

アルバイトをしている人の年収の申告方法で審査での注意点はどんなものがあるでしょうか?掛け持ちでアルバイトをしている人もいると思います。収入は多いほうが審査では有利なので、複数の収入がある人はそれらを合算して年収として申告しましょう。また、インターネットなどで副業をしている方も、安定した収入があることを証明できれば、それも加えることができます。アルバイトを始めて間もないという方の年収の申告はどうすればいいでしょうか?勤務期間が短くてもカードローンに申込むことは可能です。勤務期間が短い場合は、1ヶ月の収入から1年分の収入を計算して、見込み年収として申告するといいでしょう。


このページの先頭へ