来店不要オススメのカードローンはこちら!

キャッシングは高額の契約をするほどお得になります

キャッシングをしたお金には当然利息が掛かりますが、この利息は実質年利で表現されている金利によって決まり、金利が18%なら10万円を1ヶ月借りると約1,500円の利息が発生することになります。

そして、金利の決定には契約をした限度額が大きく影響します。多くのキャッシング会社では最低の限度額は10万円で、以降20万円、30万円のように10万円単位になっていますが、限度額が大きい契約をするほど金利が下がっていくのです。

10万円違うだけですぐに変わるということはありませんが、特に100万円のラインはとても重要で、90万円の限度額だと最高で18%になってしまいますが、これが100万円になると最高でも15%になるのです。これは利息制限法における最高金利の規定から、1社からの100万円以上の借り入れになると、この15%が法定最高金利になるからです。

その為、例え70万円や80万円が必要な場合でも、100万円の限度額で契約を行った方が金利が下がってお得になります。もっと高額の限度額での契約になると、利息制限法での規定こそありませんが、10%を切るような金利設定になることも珍しくありません。

このように、限度額が高額になればなるほど金利は下がっていくので、実際に利用する金額は同じでも、可能な限り高額で契約をするに越したことはないのです。

このページの先頭へ