来店不要オススメのカードローンはこちら!

物件に居住した年数と借りれる見込み度の関係

不動産の物件に住んでいる年数は、人それぞれ異なります。長めな方々もいますし、逆に少々短い方々など色々です。3年前後は物件に住んだ方々もいれば、まだ半年足らずという事もあるでしょう。それこそケースバイケースです。

ところでそういった長さは、実はキャッシングと密接な関連性があります。結論を申し上げれば、年数が長い方々は、比較的高い確率で借りれる訳です。

金融会社に対して申し込み手続きを行いますと、必ず複数の項目を確認されるのです。それで数ある項目として、年数が設定されている訳です。

一般的に年数が長い方々は、金融会社から高く評価される傾向があります。1つの住宅で長く住み続けた方々は、それなりに安定性が見込めますから、返済力も高いと見なされる訳です。

それゆえに上記の3年と半年という2名の方は、やはり前者の方が借りやすい傾向があります。後者は、金融業者によっては落とされる事もあるのです。

つまり借りる商品は、タイミングが重要になる訳です。居住してからの年数が短いタイミングでは、まだ申し込みを行うには早い傾向があります。一般的には1年前後が1つの目安になりますから、まだ引越しをして間もない時には、少し待っておく方が良いでしょう。


このページの先頭へ